サービス案内

月次労務顧問

基本的に毎月訪問し人事労務に関するご相談をお受けいたします。

平素より人事・労務監査を行うことで、各企業における人事・労務管理の現状を随時把握し、必要な改善を行うことで、潜在的なリスクを予め除去します。

医学に例えますと、訴訟に発展したトラブルを解決する弁護士が、病気になってしまったものを治す治療医学だとすれば、社会保険労務士はそもそも病気にならないように処方する予防医学です。

いざ、トラブルになってしまいますと本来必要でなかった時間と費用がかかってしまいます。企業として事前にトラブルを回避する方法を持つことが必要です。

具体的には、下記のメニューより各企業の実態に添って組み合わせて業務を行います。

相談業務

◆ 雇用・人事・賃金・労働時間に関するアドバイス
◆ 雇用条件(労働時間、休日・休暇、退職に関する事項などのご相談・雇用契約書のアドバイス
◆ 労働基準監督署、公共職業安定所、社会保険事務所からの立ち入り調査対応
◆ 高年齢者の継続雇用に掛かる賃金再構築アドバイス
◆ 解雇手続きを含む労務管理に関するご相談
◆ 個別労働紛争の事前防止や解決のためのアドバイス

手続業務

◆ 定年退職者向けの雇用保険が関係する事案等の説明、相談、各種手続代行
◆ 社員の入退社などに伴う、労働保険・社会保険の手続き、入社した方へ健康保険証の発行、退職者へ失業手当を受給するために必要な離職票の作成など
◆ 労働保険・社会保険の給付申請手続き、病気やケガ、出産・育児で休業する場合など
◆ 36協定、フレックスタイム制などの労使協定のアドバイス及び所轄労働基準監督署への届出
◆ 労災事故などの対応と給付申請